セタフィルレストラダームの口コミ|アトピー乾燥肌の私が使ってみた

セタフィルレストラダームのボディウォッシュとボディローションを長年アトピーで悩んでいる管理人が使ってみました。

アトピーの豆知識

アトピー性皮膚炎の治療に向いている皮膚科医の見分け方とは?

投稿日:

アトピーは年間通じて症状が出ると言うより、
季節によって悪化したり回復したりを繰り返して行きます。
おのずとその時々によって、対応策は変わってきます。

また、アトピー性皮膚炎は体質と深く関わっている疾患とされています。

なおかつ肌への刺激、ストレス、さまざまな要因が関わっているとされています。

治療の目的は、生活に支障がないレベルまで症状を抑え、なるべくその状態を保つ、と言う事になるでしょうか。

治療の柱となるのは、「かゆみのコントロール」「皮膚症状の改善」です。

重度のアトピー性皮膚炎の治療の場合には、期間をある程度限定して、

ステロイド外用薬や飲み薬を使う場合が一般的です。

ステロイド・・・って必要以上に怖がっている方もいますが、短期間で、
医師の指導のもとに使うのであれば、問題はありません。

とにかく、肌の炎症を抑えることが先決なんですよね・・・。

さすがにステロイドを長期間使い続けることは、副作用という心配もあります。

まずは炎症が収まったらできるだけステロイドは使わないようにして、
副作用のない良質なスキンケア商品を肌に塗布することで症状を軽減するという方法が基本です。

ただし、自己判断ではなく、止める時は医師の診断に従う事が大切です。

そして、炎症がおさまっている期間は、基本的には正しいスキンケアを継続的に、
日常的に行う事が要になってくるわけです。

受診する科ですが、殆どの方が皮膚科に行かれるのではないでしょうか。
アレルギー科を受診すると、血液検査をしてIgE(免疫グロブリンE)の量を調べるそうです。

私は子供のころから重度のアトピーだったので何十年と皮膚科に関わってきました。

そうして、良い皮膚科医と、そうでない皮膚科医の見分け方が分かってきました。

根気強く、何回も何回もステドイド剤の塗りかたや、

スキンケアの重要性を説明してくれるお医者さんがズバリおすすめです。

アレルギー科か皮膚科、どちらが良いとも言えません。

治療法は同じですので・・・

相性の合う、きちんと説明してくれる医師ならばどちらでも良いでしょう。

炎症が治まってからスキンケアを根気よく続けることで肌の状態は改善されていきます。

私のオススメスキンケアはセタフィル レストラダームです。

 

-アトピーの豆知識

Copyright© セタフィルレストラダームの口コミ|アトピー乾燥肌の私が使ってみた , 2019 All Rights Reserved.