セタフィルレストラダームの口コミ|アトピー乾燥肌の私が使ってみた

セタフィルレストラダームのボディウォッシュとボディローションを長年アトピーで悩んでいる管理人が使ってみました。

アトピーの豆知識

正しく使えば怖くない!ステロイド外用薬の副作用とリバウンドについて

投稿日:

アトピーの治療に使うステロイド外用薬。

あなたはどんな印象をお持ちでしょうか。

一度使ったら止められない怖い薬?

副作用がきつい薬?

ひと昔前、「脱ステ」という情報がネットでもマスコミでも広く出回りましたよね。

私も一時はステロイドを使うのが怖くなってしまった時期があったんです。

そんなある冬の日、お腹周りにぽつぽつと赤い発疹ができました。

寒い日が続いていたのでいわゆる「あったかインナー」を着こんでいました。
そのせいで逆に蒸れて汗でもかいたのかな・・・(アトピー肌は汗に弱いため)くらいに軽く考えていたのですが、特に治療をせずにいました。

皮膚科に行けばステロイド外用薬を処方されますので、「使いたくないな」という漠然とした思いがあったのです。

ステロイド以外のかゆみ止めの薬を薬局で買ってきて、保湿クリームを塗ってしのいでいました。

ところが・・・!
一か月ほどすると発疹は全身に広まり、赤い炎症部分は掻き壊してひどい状態に・・・
それでも何とかガマンしてアトピーに良いという温泉など行っていました。

そして2か月ほどするとアトピーは体全体から、顔にまで広まってきました・・・
大人になってからこんなに悪化したのは何十年振りかのことです。

赤くただれた私の顔を見た知人に「肌荒れでもしたの・・・?」と指摘されてしまい、そんなにひどい状態なんだ…と自覚。

ついに皮膚科に行きました。

皮膚科で処方されたステロイドを塗ると、嘘のようにアトピーはおさまっていきました。

結局、どんなに努力をしても、アトピーの炎症がひどい時にはステロイドにかなうものはないのです。

ステロイド外用薬は副作用が怖いから使いたくない!
だけど、使わなければもっと肌の状態は悪くなる!

でも・・・本当にステロイドは怖いの?
副作用があるから怖いってホントなの?

と気になったので調べてみることにしました。

ステロイド外用薬のリバウンドって?

アトピーのステロイドがなぜ怖いと言われていたかというと、

ステロイドをやめるとリバウンドが起こってさらにアトピーが悪化する

だから一度使い出したらやめられなくなる

と言われてきたことがあると思います。

怖さのあまり、自分勝手にステロイドを使うのをやめてしまうと、アトピーの炎症が収まらないため、時としてさらに勢いをましてひどい状態になってしまうことがあります。

これを昔は「ステロイドのリバウンド」と言っていました。
しかし、現在の医学界ではそれは間違いである、という結論に至っています。

ステロイドをやめる時期や、やめ方が適切でなかったために、単にもともとのアトピーの状態がぶりかえしただけなのです。

リバウンドとは、ステロイドを中止したことによってもともとの病気以外に強い症状が現れることを言い、ただ単にもともとの病気が悪化したことをさすのではありません。

ステロイドのリバウンドと言われてきたものの殆どは、アトピーの炎症が収まりきらないうちに自分の判断などで薬をやめてしまうことによって、症状を悪化させてしまったものだったのです。

アトピーの炎症が強く出ているときにはステロイドを使って炎症の症状を抑え、ステロイドをやめるときは医師の判断に従いましょう。

そして、炎症が収まったら保湿効果のあるスキンケアでお手入れをすることが大切です。

ステロイド外用薬の副作用とは?

ステロイドの副作用について、実にさまざまなうわさが飛び交っています。
真実でないものも多いのですが、

  • ステロイドの塗り薬でニキビやおできができやすくなる
  • ステロイドの塗り薬を長期間使うと皮膚が薄くなる

と言うのは真実のようです。

と言っても医師の判断や指示に従えば避けられるので、必要以上に心配することはありません。

ステロイドの塗り薬を塗った部分は免疫力が低下しやすいのです。

そのため、細菌やカビ、ウィルスが付いた時ニキビやおできができやすくなってしまうのです。

ですのでアトピーの治療中に今までにない皮膚の症状の変化に気づいたらすぐにお医者さんに相談することが大切です。

また、ステロイドの塗り薬を長期間使うと皮膚が薄くなるというのも事実ですが、そのような場合は長期間にわたって、強いステロイドを使用した時だけです。

ステロイド外用薬はよほどのことが無い限り、多量に長期間塗り続けるという使い方はしません。

アトピーの症状は季節によっても変化しますから、症状が軽いときはステロイドを休む期間を設けられます。

きちんと間隔を空けて使うことで、皮膚が薄くなることを避けることができます。

また、ステロイドの塗り薬が皮膚に蓄積し、さまざまな副作用が現れる・・・
と言うことが本当に良く言われてきましたが、それは真実ではありません。

もし、皮膚にステロイドが蓄積するならば、ステロイドをやめても作用が持続するはずですよね。
それが、実際は突然ステロイドをやめると、症状がぶり返すことが多いです。

このことからもステロイドは皮膚に蓄積されていないことがわかります。

ですので正しい期間、症状に合わせてきちんとステロイドを使うことが大切です。

医師の指導の下、正しい量を塗り、定期的に診察を受けている限り、問題は殆ど起きない!

というのが長年、アトピー性皮膚炎の患者をしてきた私の実感です。

 

 

-アトピーの豆知識

Copyright© セタフィルレストラダームの口コミ|アトピー乾燥肌の私が使ってみた , 2019 All Rights Reserved.